ニキビコンプリート
ニキビコンプリート
ホーム > 葉酸サプリ > 厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量とは?

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量とは?

妊活の時に、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

 

長男が生まれていましたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けを実践していました。

 

妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

 

結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

 

ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

 

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げてくれるとの研究成果が出ています。

 

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも大丈夫です。妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。

 

一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。

 

やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと願っています。

 

男性不妊用のサプリの中で人気は?